バリアブル印刷実用例のご紹介

バリアブル印刷とは?

バリアブル印刷(VDP: Variable Data Printing)とは、情報を変えること(可変)ができる印刷物です。一人一人、異なる送り先の宛名、住所といった印刷から文章の内容、数値やグラフの図画、画像といった幅広い範囲までデータを組み合わせることで、多様な印刷ができます。通知物や、販促物等で多く使用されるバリアブル印刷ですが、皆さまのお手元にも届いているのではないでしょうか。 本記事ではバリアブル印刷の実用例をご紹介します。 ※以下の画像では赤枠で囲った箇所が可変部分です。

1.文字、記号を変える

(例:DMの宛名、契約書、挨拶状、賞状、アンケート用紙、チケット)

DMの宛名などは一般的ですが、賞状や認定書等に記載されている個人名もバリアブル印刷で対応できます。
また、チケットや各種用紙に使われるQRコードやバーコードも一枚一枚変化させて印刷をすることができるため、書類の管理やチケットの使用状況等の把握を円滑にすることができます。

※QRコードは株式会社デンソーウェーブの商標登録です。

2.数値、図形を変える

(例:成績表、資産運用レポート、ストレスチェック等の結果報告等)

当社のバリアブル印刷では数値等のデータ処理もサービスとして行うことができます。例えば、診断書やヘルスチェックなどの数値の推移の印刷や、試験の結果通知では平均点数を求め印刷する、また志望校への目標点数と比較した結果を印刷するなど、さまざまな処理を行うことができます。さらにレーダーチャートや折れ線グラフなど、数値を図像として印刷することができるため、より分かりやすく伝わりやすい印刷物となります。

3.画像(写真、イラスト)を変える

(例:通信販売のDM、営業所ごとに異なるパンフレット、ファンクラブなどの会員の通知物)

画像では、配布エリアごとに地図を変えるといったことから、一人一人の顧客の購入履歴や特性に合わせ、写真を差し替えるなど、幅広い表現が可能です。特に、販促チラシやDMでは個人に合わせたパーソナライズな紙面にできるため、より効果的に活用していただけます。

一人一人に合わせた印刷物

いかがでしたか。「バリアブル印刷」というワードはあまり聞きなれないのですが、私たちの身近にも普及している印刷物です。受け取り手にマッチする情報を一人一人に合わせ、自由にカスタマイズができるバリアブル印刷は、通知物や販促物に最適といえます。上記以外にもさまざまな実用例がございます。お手元に届く印刷物からも探されてみてはいかがでしょうか。
ご紹介した例の詳細だけでなく、「こんなバリアブル印刷はできるの?」や「今作っているDMをバリアブル印刷でやってみたい」などございましたらお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

ページトップへ戻る